2012/12/12

オリエンタル・ペリドートと呼ばれていたグリーンサファイア



グリーンサファイア 1.06ct
大きさ 5.2×6.5×3.2(mm)


羊歯の葉を思わせる深い緑のサファイアです。

中世から19世紀末まで、グリーン・サファイアは
「オリエンタル(東洋の)・ペリドート」と呼ばれていました。

緑色のサファイアといっても、実際には、
細かな青と黄色のサファイアが交互に
繰り返し重なっていることが多く、
その互層構造は顕微鏡で識別できます。

照りのあるお薦めのルースです。

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント