2012/09/01

在庫のテーパーダイアモンドを使うことにしました。

縦に長く、天地の辺の長さに長短がある
テーパーダイアモンド、
開店当初から比較的数と種類を
保有していたのは、石合わせのためでした。

石合わせとは、

 

石が外れてしまい、かつ、その石を無くしてしまった時に、
近いサイズのそれをあてがい、留め直す作業です。

テーパーはサイズのバリエーションが豊富なため、
対応できるよう複数用意していました。

 

しかし、開店して12年、テーパーの
石合わせの依頼は一度も承っておりません。

今後も申し受ける可能性は低く、
とはいえ、デッドストックにするには惜しい数なので、
この度、店の商品としてペンダントを作る事にしました。

デザインが決まり、設計を経て、加工開始です。

まずはテーパーの計測です。

 

ノギスの先を拡大してみます。

 

Ptの薄板を延ばし、

 

枠に仕立てて繋げます。

 

続いてラウンドのダイアモンドの枠を巻きます。



ラウンド枠はお椀形で、丸カンをはさんだ
左右に振り分け、トリリアント枠と溶接します。

 

トリリアント枠の下に、さらに
テーパー枠を繋げて溶接していきます。

 

残りのテーパー枠も溶接しました。

 

後はバチカンをつけ、石を留めて仕上げです。

次回、完成の写真をお目にかけます。

【関連リンク

  Jewelry Craft DECORAのHP【過去作品集】
  Jewerly Craft DECORAのネットショップ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント