2012/01/20

エメラルドとオパールのミックスカラーリング 【作成過程 後編】

【作成過程 前編】の続きです。

 

さらに脇石枠を作り、溶接します。

 

図面の上に重ね、配置があっているか
確認しながらの作業を進めていきます。

 

用いるルースには全て番号を振り、
ルースにあわせた石枠を作ってから
番号に沿って配置していきます。

石枠が全て溶接されました。

 

続いて爪を立てます。

 

石枠を支える腕を上半分作ります。

 

山形に支える部品を左右に溶接しました。

 

リングサイズに合わせて腕の下半分を作り、溶接します。

 

いったん仕上げ、脇石を留めていきます。

 

次回、主役のエメラルドとオパールを
留めた完成の写真をお目にかけます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント