2014/04/12

K18WG製 香水入れペンダント

香水入れペンダントの制作を承りました。

香りの量を調整できることを
条件に図面を引かせていただきました。

デザインが決まり、加工開始です。

まずK18WGの薄板を作ります。

ロジウムメッキ前なので、
淡い蜂蜜色のような金色をしています。

作成過程

続いてキャップトップを作ります。
調整用の穴を4ヵ所あけています。

作成過程1

続いて内蓋を作ります。

作成過程2

キャップトップと重ねてみました。

作成過程3

次にボトル部分を作ります。

作成過程4

筒状の片側を斜めに落としました。

作成過程6

薄板をもう1枚用意し、

作成過程5

斜めに落とした断面と溶接します。

作成過程7

余分な地金を落として形を整えます。

作成過程8

ボトルの口に穴をあけ、ネジを切ります。

作成過程9

キャップとバチカンを作って完成です。

作成過程10

K18WG製

キャップトップに溝を切り、

作成過程12

こちらの部品を水平方向に回転することで
穴の大きさを調整し、

作成過程14
作成過程13

同時に香りの強さも変えられます。

香水を直接肌につけずに済むため、
肌の弱い方でも安心して楽しめます。

H様、この度も誠にありがとうございました。

またメンテナンスにお立ち寄りくださいませ。


【関連リンク】

 ジュエリークラフトデコラのホームページ
 ジュエリークラフトデコラのネットショップ

【ランキング参加しています】


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント