2013/05/30

金の木馬のペンダント 

ご好評頂いております
ミニチュアシリーズ
「木馬」をひとつ再販いたします。

 
K18

1円玉に乗るサイズです。

 

アブミにチェーンを通してお使いください。

  日専連静岡 カード会員様 限定企画
   ゼロセール開催のご案内 
ご案内 

10回払いまでなら分割手数料が掛からない
「ゼロセール」を開催し、弊店も協賛しております。

期間は6月1日(土)~10(月)です。

お誘い合わせの上、ぜひご来店下さいませ。


【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ  
スポンサーサイト
2013/05/28

スフェーンのペンダント 【作成過程】

このところダイアモンドジュエリーの
加工が続きましたが、色石も
ダイアモンドと同じくらい大好きです。

在庫のルースを眺めながら
「この石とこの石を合わせて…」と
想像をめぐらせる時間は至福のひとときです。

しっとりした色合わせのジュエリーが作りたいと思いつつ、
石同士を組み合わせていたところ、
エメラルドカットのスフェーンが目に留まりました。

スフェーンは、以前、指輪を作ったことがあり

 

その輝きがとてもきれいだったものですから、
今度は違うアイテムに仕立ててみようと思い立ちました。

脇石が決まり、加工開始です。

スフェーン枠を作った後、脇石枠に取り掛かります。

K18板を切り出し、

 

鋸歯を通し、

 

抜いていきます。

 

全ての枠が出来上がったところで組み立て開始です。

 

枠同士を溶接し、爪も立てます。


 

上半分が組みあがりました。

 

裏側の支柱を立て、

 

真珠用の針も立てます。

 

スフェーンにどんな脇石を
組み合わせたのか、想像して楽しんで下さいね。

次回、完成の写真をお目にかけます。

【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ  
2013/05/25

ハニカムのフルエタニティ・ダイアモンドリング 【完成】

作成過程をお目にかけた
ハニカムのフルエタニティリングが完成しました。

 

K18製
ダイアモンド 0.08ct
リングサイズ 11.5号
リング最大幅 10.8mm


手作り品です

指輪を1周ぐるりと蜂の巣状に切り抜いた
ハニカムのフルエタにティリングです。

K18の薄板に交互に重なりあう六角形をけがき、
ひとつひとつ糸鋸で抜いて作りました。

ランダムな抜き模様から、
指輪を回すことで
正面になるデザインを変えて楽しめます。

ところどころに計14ピースの
ダイアモンドを留めています。


【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
2013/05/23

薩摩香炉に着想を得た指輪  【作成過程】

過日の記事において、
ハニカムのフルエタニティの
作成過程
をお目にかけました。

ハニカムは蜂の巣に習い6角形の連続です。

どこかに応力がかかっても、
そのテンションを等しく分散させ、
なおかつ無理がない形状ゆえ、美しいと感じます。

6角形繋がりで、ふと思い出したのが薩摩香炉です。

昔見た、籠目透彫の白薩摩を
ジュエリーのデザインに取り入れられないものだろうかと、
考え始めたのが今回の指輪です。

籠目透彫にヒントを得たうえで、
切り抜ける大きさや形、そして応力のかかり具合を考え、
菱形と3角形を組み合わせたデザインを起こしました。

石が決まり、加工開始です。

K18の板を糸鋸に通し、

 

模様を切り抜きます。

 

1円玉と並べてみました。

 

外形に沿って縁を作ります。

 

縁がつきました。

 

続いて中石用のマーキース枠を作り、中央に据えます。

 

 

続いて腕と呼ばれる指輪のリング部分を作ります。

 

指輪の形になりました。

 

次回、石を留めた完成の写真をお目にかけます。

【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
2013/05/21

指輪の型直し

気づけば指輪が変形していた、
そんな経験をお持ちの方は、
案外多いのではないでしょうか。

指輪は簡単に歪みます。

車のハンドルを握る、
重い物を持つなどの日常の動作で
いびつになることもしばしばです。

「金属なのにそんなに簡単に曲がっちゃうの?」
と驚かれるかもしれませんが、
素材が破断せず柔軟に変形するからこそ、
細かな細工が実現するのです。

今回は、変形してしまった指輪を
元の形に戻す「形治し」という修理をご紹介いたします。

こちらがお直し前の指輪です。

 

こちらが形を直した指輪です。

 

石の種類や留め方によって
直せる場合と直せない場合がございますが、
ひとまず、ご相談をお寄せ下さいませ。

【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
2013/05/18

プリンセスカットのブラウンダイアモンドリング 【完成】

作成過程をお目にかけた
リング枠に中石と脇石が留まりました。



K18製
ブラウンダイアモンド 0.377ct
ダイアモンド 0.11ct
サファイア 1.28ct
リングサイズ 12号(初回サイズ直し無料)
リング最大幅 13.5mm

手作り品です。

プリンセスカットの
ブラウンダイアモンドを
中石にした指輪です。

淡いブラウンのダイアモンドに
2色のイエローサファイア(トリリアント)、
クリアのサファイア(ラウンド)と
ダイアモンド(マーキース)、
モスグリーンのサファイア(バケット)
を組み合わせました。

肌なじみ良く、服とリンクしやすい
配色にしてみました。

抑制の効いた色調ながら
照りの良さが際立つ指輪です。

石枠の支えが表から見えないように
裏側も工夫してみました。
【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのホームページ(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
2013/05/16

プリンセスカットのブラウンダイアモンドリング 【作成過程】

プリンセスカットのブラウンダイアモンドで指輪を作り始めました。

地金はK18、脇石は
透明なダイアモンドとカラーサファイアです。

まず、ブラウンダイアモンドにあわせて枠を巻きます。



脇石の枠も作り、中石枠に溶接していきます。

 

脇石が全部つきました。

 

石を留めるための爪を立てます。

 

爪を指輪の中央下部にむけて絞り、倒しました。

 

腕と呼ばれる指輪のリング部分を溶接します。



今回は肌馴染み良く、服ともリンクさせやすい
配色を考えてみました。

次回、完成をお目にかけます。

【関連リング】

Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ 
2013/05/14

ハニカムのフルエタニティリング【作成過程】

地金を蜂の巣状に切り抜いていく「ハニカム」の
技法でフルエタニティリングを作り始めました。

過去に作った指輪やペンダント・ヘッド同様、
K18の薄板を糸鋸という細身のノコギリを使って
ひとつひとつ6角形に抜いていきます。

(過去に作った指輪↓)

 
 
 
(過去に作ったペンダント・トップ↓)
 
 

こちらが薄く延ばしたK18です。

 

罫書き(けがき)の線がはっきり見えるように、
表面に青ニスを塗り、コンパスで小さな円を描いています。

円の中心にドリルで穴をあけ、
罫書きに沿って鋸入れします。

 

拡大するとこんな感じです。

 

①ドリルで開けた穴に鋸歯を通す。
②罫書きに沿って6角形に切り抜く。
③切り抜いたら鋸歯を外して隣の穴に通す。

①②③を延々繰り返し、出来上がった指輪がこちらです。

 

ここから穴の一部をK18で充填し直し、
彫り師さんダイアモンドメレを留めてもらいます。

早ければ今週末頃に仕上がる予定です。

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ
2013/05/11

「フジオレンジ」の彫りにダイアモンドを加えた指輪

新作です。


K18製
ダイアモンド 0.05ct
リング最大幅 3.4mm
リングサイズ 12号(初回サイズ直し無料)

手作り品です。

3.4mm幅の甲丸リングに
「フジオレンジ」を彫った指輪です。

 

艶消しの地に鏨の彫り痕が光り、
ミルで模様の縁を囲っています。

花の中心部、1個飛ばしに
ダイアモンドを計4ピース留めています。

 

これまで提案してきた指輪は彫りのみでしたが、
お客様から「手持ちのメレを指輪に使いたいけど、
何かアイディアは無い?」と問われ、
ふと思いついたのが今回の指輪です。

甲丸平打ちのようなバンドタイプだけでなく、
石付の指輪の腕(指輪のリング状の部分)にも応用出来ます。

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ
2013/05/09

マロンカットのガーネットピアス



K18製
ガーネット 7×6.8×3.4(mm)
全長 65mm

マロンカットのガーネットのピアスです。

マロンカットとは、栗を思わせる丸みを帯びたシェイプで、
表裏ともにが施されており、やや平らな雫形です。

ガーネットの語源はラテン語で
「granatus(石榴の木)」と言い、
名前になぞらえる通り
石榴の果肉を連想させる芳醇な赤が魅力です。

1月の誕生石としても親しまれています。

多色性に富むガーネットの中、
近い色の在庫は、シードパールを
組み合わせたピアス
がございます。

 
こちらもどうぞ併せてご覧下さいませ。

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ
2013/05/07

大人のリボンのマリッジリング 【完成】

作成過程をお目にかけた
ご結婚指輪が完成しました。

 
Pt900

Pt900 / K18
ダイアモンド 0.05ct


新婦様の指輪は、
「大人の女性に似合うリボンモチーフ」
というお題のもと、デザインを起こさせて頂きました。

新郎様の指輪は、
新婦様の指輪にあわせて腕の断面カーブを決め、
かつ艶消しの仕上げを施させて頂きました。


Nご夫妻様、この度は
ご結婚おめでとうございます。

おふたりのご多幸を心よりお祈り申し上げます。

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ
2013/05/02

エメラルドとダイアモンドの指輪


Pt900製
エメラルド1.06ct
ダイアモンド0.214ct
リングサイズ 12号(初回サイズ直し無料)
リング最大幅 7.3mm

エメラルドを中心にテーパーの
ダイアモンドを扇状に3石配し、
腕との境にラウンドのダイアモンドを留めた指輪です。

青みを感じる明るい緑は
傷気が少なく、脇石の輝きを伍する存在感があります。

長くご愛用頂けるお品です。

エメラルドのピアス
どうぞ併せてご覧下さいませ。

 

【関連リング】
Jewerly Craft DECORAのHP(過去作品集)
 Jewerly Craft DECORAのネットショップ