2008/10/31

ジャガーブローチ完成





K18


ブローチの製作を承りました。

ご依頼主様の愛車にちなんで、
ジャガーをモティーフにしております。

製作の手順として、

車のエンブレムを写真に撮る。 

写真からデザイン画を起こす。

ワックスにて原型作り。

④ K18で吹き上がってきた本体に
  ブローチ金具を溶接する。

以上の工程を経ました。

ワックスとは、簡単に削ったり、溶接する
ことができる蝋燭に似た素材です。

材料をお持込み下さったので、もっと
大きなブローチに作ることもできましたが
これ以上重くしますと、布地がが攣れて
しまい、実用に向かないと判断したため、
全長12cmでお作りさせて頂きました。

男性からのジュエリーのご依頼が
近頃増えてまいりました。

嬉しいことです。
ありがとうございました。


スポンサーサイト
2008/10/31

ピノキオのペンダント

旦那のお祖母様の形見分けとして
頂いた真珠のピン・ブローチを
ペンダント・トップに作り変えてみました。








K18
アコヤ真珠 (φ8.8mm)


モティーフはピノキオです。

ピン・ブローチだったので、
真珠の一箇所に穴があいておりました。

その、元から開いていた穴を少し
広げて鼻をくっつけました。





嘘をついて鼻がのびてしまった
ピノキオなので、ちょっと俯いている
ところがポイントです。
お守りとして、大事に身に着けたいと思っています。


2008/10/31

トルコ石?それともターコイズ?




上記写真のライト・ブルーの石、
皆様は「トルコ石」それとも「ターコイズ」
どちらの呼び名がパッと頭に浮かびますか?

わたし達は「トルコ石」と呼んでいます。

「トルコ」と冠されるくらいなのだから、
きっと産地はトルコなのだろうと、私など
安易に想像しておりましたが、資料を
紐解いてみますと、ペルシャ(イラン)で採掘された
それ(最高品質のものはベルシャンと称されます)
がトルコを経由してヨーロッパにもたらされたことに
由来しているそうです。

そして、ターコイズという呼び名ですが、
こちらは英語のみの様子です。

この語源は古く、フランス語の
pierre turquoise (トルコの石)に由来するといわれています。

これはいくらかの誤解を含んでおり、トルコでトルコ石が
産出されたわけではなく、アトラス山脈周辺の砂漠で
産出されたものが貿易でトルコを経由してヨーロッパへ
広がったのちに、なじみの深い宝石になり、
「トルコ石」と呼ばれるようになったとされています。

ところで、一番品質の良いトルコ石は、
色むらがなく、メイトリスク(母岩からなる脈)もない
均質のライトブルーといわれています。

その色は、robin's egg blue
ロビンズエッグ(コマドリの卵)ブルーと
表現されています。

かの有名なジュエラー
ティファニー社を象徴するあの
「ティファニーブルー」もこの
コマドリの卵の色から由来しているそうですよ。

2008/10/31

グリーンサファイア

グリーンサファイア
ルース(裸石)を入荷いたしました。





3.43ct
定価 ¥56,700


グリーンサファイアの緑は、
和の趣を感じさせる緑です。

中世から19世紀末まで、グリーンサファイアは
『オリエンタル(東洋)・ペリドート』と呼ばれていたそうです。

*ペリドート(ペリドットと呼ばれることもあります)

緑色のサファイアと申しましても、実際には
顕微鏡で識別できる程度の細かな青と
黄色のサファイアの交互構造になっている
ことが多いとのことです。
2008/10/30

アマゾナイトのネックレス



K18
アマゾナイト(水色)
アメシスト(紫)
クォーツ(薄茶)
白蝶貝

長さ 57cm(アジャスター5cm)
ご売約済

石の並び方がランダムなことと、




アジャスターの最後に下がっている
チャームの気遣いが好みでした。

また、3番目の写真に見られるように
楕円と小さな輪で繋がれている
K18ネックレス部分も雰囲気があります。

2008/10/30

イエローのダンブライト

ダンブライト(和名 ダンブリ石)を入荷しました。






11.5×8.1×5.60 (mm)
2.65ct

ご売約済

よく輝きますが、ダイアモンドのような
光り方ではなく、ガラスに近い光の
抜け方をする石です。

全長11.5mmと、それなり場面が
あるにも関わらず、比重が小さいため、
ct表示は、一瞬「え?」と思うくらい少なめです。

ctとは大きさではなく、重さを指します。
1ctは0.2gなので、上記ダンブライトは
0.2×2.65=0.53gです。

指輪・ペンダント、どちらでも作りやすい
大きさのペア・シェイプ(洋梨のカット)です。

2008/10/30

イヤリングをペンダントにリフォーム

リフォームのご依頼を頂きました。

買ったきり、長年しまいこんでいた
ダイアモンドのイアリングを
シンプル枠のペンダントにリフォームし、
お2人のお嬢様にプレゼントしたいとのご依頼でした。

こちらが、リフォーム前のイアリングです。




台はPt、「しまったまま」とのお言葉通り、新品同様です。

石は一粒あたり0.347ctと0.349ctでした。

チェーンもPtにして欲しいとのご希望から、
弊店で細身のベネチアンをご用意させて頂き、
ペンダントネックレス2本にお仕立てしました。





イアリングの時よりも縁周りを薄く作りました。

この度は、誠にありがとうございました。


2008/10/30

アップルグリーンの翡翠の指輪

翡翠といえば、深い緑を思い浮かべる
方が多いと思われますが、
個人的にアップル・グリーンの翡翠に惹かれています。




Pt
翡翠 2.52ct
ダイアモンド 0.11ct

ご売約済

先の仕入れにて求めました。

磨きがよく、透明度もあり、色むらもほとんど
ない明るい緑色に、ぐぐっと視線が吸い寄せられました。

肌うつりがよく、手がきれいに見えるのです。

こと、黒い服と合わせますと、驚くほど際立ちます。

2008/10/29

Ptブルートパーズ フレーム枠リング

弊店にてルースをお求めになられたお客様から
指輪へのお仕立てのご注文をたまわりました。

Ptのフレーム枠のみで支えた指輪です。








ブルー・トパーズが変則的な
カットを施されておりましたので、
あわせて枠を作成しました。

このようなデザインの指輪は
バランス取りにとても気を使います。

O様、この度は誠に
ありがとうございました。
2008/10/29

純金はこんなに軟らかい

こちらは純金(K24)の板です。




縦6cm×横10cm×厚み0.8cm

火をあてて、なました状態です。

焼なまし(焼き鈍し、焼鈍)とは、
金属材料を適当な温度に加熱し、
その後徐冷する熱処理のことです。

金属製品は加工の工程で、加工硬化や
残留応力が発生していますが、焼なましによって
金属組織の格子欠陥が減少し、再結晶が行われるため
組織が均質化し残留応力も減少するため軟化します。

このくらいの厚みです。





両手でつまんでちょっと力を入れました。





あら、もういっちょ。






こんなに簡単に曲がります。




子供でも簡単に曲げることができます。


純金のジュエリーが少ないのは、純金の
ままでは柔らかすぎて加工しづらく、また
形状を保てないからです。

純プラチナも同じくらい柔らかいんですよ。

2008/10/29

婚約指輪のリフォーム

35年前に贈られたという、ご婚約指輪の
リフォームのご依頼を頂きました。

今回、リフォーム前の画像がPCクラッシュ
のために消滅してしまったので、
(背の高い立て爪の指輪でした)
リフォーム後の画像をアップしたいと思います。






Pt
ダイアモンド (0.322ct)








ダイアモンド一粒で、日常の中に
取り入れやすいデザインを、との
ご希望をうかがっておりました。

この度は、誠にありがとうございます。

2008/10/28

k18ガーネットピアス

ビーズにカットされた
ガーネットの質がなかなか
良かったので、仕入れてみました。








ご売約済となりました。

2008/10/28

K18エメラルド・ルビー・ダイアモンドペンダント・ブローチ 



K18
ルビー (0.89ct)
エメラルド (0.34ct)
ダイアモンド (1.86ct)

全長 7cm

ご売約済

ペンダント兼ブローチです。

2008/10/28

技能士章

貴金属加工業にも国家資格があります。

それは、厚生労働省の管轄にて
行われる技能士検定で、実技と筆記
により合否が決められます。

旦那は一級技能士の資格を持っており、
合格の際、技能士章を渡されました。

こちらが技能士章です。





金色が一級技能士章。

銀色が二級技能士章です。

一級を受験するには、二級技能士の
資格を所持していなくてはなりません。

また、二級技能士の受験資格は、現場
経験5年以上という条件がつきます。

今まで、工具と一緒に放り込んであったのですが、
なぜだか急に、

「これ、エプロンにつける」

と言い出しました。

ちなみに愛用中のエプロンは牛革で、お客様から子牛の
革をまる一頭分頂いたものをエプロンの形に裁断し
ハトメを打って船舶ロープを通したものです。
(N様、ありがとうございます)

思うに、先日、手術で医療用のチタンの釘を抜いて以来
(その釘は車のキーホルダーにしています。
 抜いた釘はどんどん重ねていくつもりのようです)
何かといろいろつけてみたくなったのでしょう。

得意げな旦那です。
(もう作業を再開しています)




……何でふたつ、つけているのか…
2008/10/26

私物のトルコの指輪とイヤリング

店をオープンして直後の26歳の時に、

自分買いしたシードパールとトルコ石のイヤリング。





おそろいの指輪です。




K18を好んでつけています。

2008/10/26

トルコとシードパールのピアス




K18
トルコ
シードパール

全長10.5mm

明るいトルコブルーが
ひとめで気に入りました。

ご売約済

2008/10/26

K18WG ブルートパーズダイアモンド リング

K18WG
ブルー・トパーズ
ダイアモンド ( 0.06ct)
花の全長 11.5mm

ご売約済




ダイアモンドを留めた腕部分が
花芯にむかってのびているデザインです。





こちらは既成品で仕入れました。

どこか遊びのあるジュエリーが好きです。

2008/10/26

かたつむりのピアス




素材はWGとトルコ石。

12月が生まれ月のお客様が
お買い上げくださいました。
2008/10/26

サファイアとダイアモンドのペンダントヘッド

先の仕入れで求めました。






K18WG
サファイア ( 1.88ct )
ダイアモンド ( 0.60ct )

(K18WGベネチアン・チェーン付)

横から見ると、こんな感じです。








ヘッドの大きさは
縦5cm×横3.5cmです。

拡大してみます。






繊細に揺れる仕組みになっています。

内側の4ピースと下がっている5ピースの
サファイアとダイアモンドが動きます。

サファイアの発色と照りの良さが決めてと
なったペンダント・ネックレスです。

ご売約済みとなりました。
2008/10/26

ブラウンダイアモンドリング

先程の記事でブラウンダイアモンドがちらっと
出てきましたので、指輪もアップしてみます。




K18WG
ダイアモンド(1.0ct)

ご売約済です。

ブラウンダイアモンドの上に
かかっている曲線には
透明なダイアモンドがセットしてあります。

動きの面白さに惹かれて求めました。

はめた時に手が映える指輪です。

2008/10/25

メンズ・ジュエリーのお問い合わせが増えてきました。

このところ、メンズジュエリーの
お問い合わせ頂くことが増えました。

ファッション誌やセレクト・ショップ、
大手百貨店が取り扱いの幅を
広くしたのか、シルバー・ジュエリーを
愛用した世代が、そろそろ本物を、と
関心が集まりはじめたのか。

個人的に、ユニセックスタイプの
ジュエリーも手がけたいと考えていた
ものですから、動向がちょっと楽しみです。

ぱっと店内を見回しまして、既製品なのですが、
男性・女性どちらがつけられてもいいかな?
と思ったペンダントがこちらです。






K18WG
ブラウンダイアモンド(0.09ct)
革のネックレス付

トップの部分を拡大してみます。





本体は艶消しの中でも荒らした痕が
きらきらと輝く仕上げで、バチカン部分は
つやを出してあります。

大きさは縦28×横14mm
(縦はバチカンも含みます)

旦那が金属アレルギーでなければ
(この仕事に就きながら難儀なものです)
旦那へのデザインを考えるんだけどな~。
2008/10/25

リフォーム前のジュエリー2組

リフォームのご依頼でお預かりしたジュエリーです。

まず、1組目。




上記、2本の指輪を素材に
エメラルドのみを外した
Ptダイアモンド・リングを
再構成するお仕事。


2組目。





上記、3点のうち、サファイアの
ペンダント・トップについた
テーパー(細長い台形のダイアモンド)
を除いた全てを用いて、ひとつの
K18サファイア・ダイアモンド 
ペンダント・トップを作成すること。


1組めの完成はこちら

2組の完成はこちらです。

2008/10/25

植物モチーフの真珠ブローチ

先の仕入れで求めました。





K14
真珠
ダイアモンド(0.04ct)

全長 5.2cm

全体の仕上がりとしては艶消しです。

K14のためか、黄色みが淡く、落ち着いた印象です。

ネットショップ からもお求め頂けます。
2008/10/25

K18ルビーバングル

開店ほどなくして、ご注文頂いたバングルです。






K18
ルビー(カボション)

お客様の腕周りにあわせて
楕円形におつくりしました。

この度、メンテナンスにいらして
下さったので、急いで1枚、
お写真を撮らせて頂きました。

これからの季節、どうぞ楽しんで下さいね!
2008/10/25

ジュエリーを箪笥にしまっている方へ

ジュエリーを洋服箪笥にしまわれている方、
案外、多くいらっしゃるのではと思いつき、
ご注意申し上げます。

全然身に着けなかったのに、久しぶりに
取り出してみたらK18のジュエリーが
なぜか赤い!?そんな経験はございませんか?

実は、ナフタリン(樟脳)に反応して赤く
なっているんです。

どうぞ、ご注意下さいませ。

また、赤くなってしまったジュエリーは
専門店に持ち込まれれば、ある程度
(あまり細工の細かな部分までは戻らない場合があります)
お求めになられた時の色に戻ります。

どうぞ、ご相談下さいね!
2008/10/25

グラデーションフラワーが魅力のダイアモンドリング




K18WG
ダイアモンド ( 0.42ct )
\84,500


計27ピースのダイアモンドを用い、
中央のお花を一番大きく、サイドに
下りてゆくにしたがって小さなお花に
グラデーションになっています。

横からも1枚。




すっきりしたハートをあしらい、
指のあたりもやわらかです。

お花同士を結ぶWGの橋が華奢で
(厚みはしっかりとってあります)
手が動くたびにダイアモンドが繊細な放ちます。

ネットショップからもお求め頂くことができます。

2008/10/23

動きのある花のピアス

植物の茎にあたる部分がくるんと

耳の後ろに回りこんでキャッチ金具に

なっているという、ひとひねりあるピアスです。




K18/ピンクトルマリン/ブルートパーズ/ペリドット


ご売約済となりました。

2008/10/23

ひっくりかえってもOKなブレスレット

手首のうえで動きにつれて繊細な輝きを放つブレスレット。


石の裏側が見えてしまうとちょっとがっかりですよね。


そこで、こんなひと工夫をしてみました。




フクリンで留めたピンクトルマリン




くるんとひっくりかえっても




このような丸い玉になっています。


目に良く付くジュエリーだからこそ、

ちょっとした気遣いが嬉しいですよね。


ご売約済となりました。

2008/10/22

アメシストとガーネットの指輪をチョーカーヘッドに改作

弊店でお買い上げ下さった
K18アメシスト・ガーネットリング(既製品)を








石の留まった石座を腕(指を通すリング部分)
から切り離し、いったん、石を全て外したのちに
コの字型の金具を裏側に2つ取り付け、
再び、アメシストとガーネットを留め直しました。

どう改作されたのかといいますと、






チョーカー・ヘッドです。

横からはこんな感じです。





かなり変則的な改作です。

こうしたリフォームが可能なものと、
不可能なものとがあり、こちらの
指輪では何とか形になりました。

時折こんなお直しも承ります。

2008/10/22

Ptアメシストのドッツリング

懐かしい写真を見つけました。

5年ほど前に、お客様のご注文を
受けて作成した指輪です。






Pt
アメシスト
ぺリドット
ダイアモンド

ご結婚記念の指輪として
お作りさせていただきました。

奥様の誕生石のアメシストと
旦那様の誕生石のぺリドット
合間にダイアモンドをランダムに配した指輪です。

当時、弊店の在庫として展示しておりました
こちらの指輪 の石違いの指輪です。

その節は、ありがとうございました。
またクリーニングにいらして下さいね